This page:かぎ針編みの編み方と作品集 TOP > 私が今まで作った作品 > あみぐるみの作品集

あみぐるみの作品集

細編みだけでできる、あみぐるみの紹介です。これもほんとに基本的な編み方でつくりました。お気に入りの子たちなので、ぜひ見てください☆

かっぱ

あみぐるみのかっぱです。コマ編みだけで作っています。

かっぱ1かっぱ2

頭のかさのひだひだ(?)はフェルトを使いました。たいしたこだわりでもナイんですが、私は編みぐるみをつくるとき、毛糸以外のモノはなるべく使いたくないんです。

ホントは、お皿の周りのひだひだも毛糸で編みたかったんですけど、うまく三角形が作れずに断念しました・・・。だから、フェルトを三角に切って、手芸用ボンドで貼りました。

編みぐるみの本もたくさん出ていて、私も最初は本に載ってるの見てつくりました。でも、本の通りの仕上がりにならず、本に載っている写真は可愛いのに、出来た子は本とはまったく違う顔。どうして~っ??ってちょっとショックでしたね。それでも、自分らしさが出ていて、逆に愛着はわきましたけど。

本の通りにできないとイヤな性格なので、それ以来、本見てつくるのはやめました。パーツの作り方などは参考にしますが、後は我流です・・・。そのほうが、自分好みの子ができますし、パーツの作り方さえマスターすればアレンジは自在です♪

ひつじ

編みぐるみその2。ひつじです。

ひつじ

まわりのヒトには熊とか犬とか言われましたがひつじったらひつじなんです。これ、本体ぱっと見はぬいぐるみみたいにみえませんか?ぽわぽわした毛糸を使ったんです。

ループヤーンっていう毛糸なんですが、糸のところどころにループが入っています。縫いぐるみっぽく見せたかったので、編目が見えないように、毛糸の帯についている号数より一段階小さい号数の針をつかって、なおかつかなりきつめに編んでみました。かなり肩がこりました・・・。

そもそも、ループヤーンのように少し毛足の長い毛糸って、編み目が毛糸自身の毛(というのかな?)で埋まってしまうので、編み目が分かりにくいんですよね。でも、苦労した分、自分ではかなり気に入っています。

難点は、お顔の部分の細編みがちょっと荒かったこと。もう少しきちんと編めばよかったかなって、思います。ま、でもこういうのも、てづくりならではのご愛嬌ですよね(笑)☆

cms agent template0035/0036 ver1.005