This page:かぎ針編みの編み方と作品集 TOP > 基本の編み方でつくる小物 > 簡単にできるミニバッグ

簡単にできるミニバッグ

一番基本的な「細編み」だけでつくるバッグです。作り方も説明しています☆一日もかからずに作れちゃいます。

まずは編み始め(細編み)

まずは、底になる部分を編みます。鎖編みを12個あみます。
この鎖の周りに細編みを編んでいきます。

まずは一段目。鎖編み一目で立ち上がり、鎖編みを12個編みます。
12個細編みをしたら、12個目の細編みをしたのと同じところに、さらに4個細編みをします。

そして、さらに11個細編みをしていきます。
11個目を編んだら、そこと同じ目にさらに細編みを3つ入れます。

同じように、二段目、三段目、四段目も端っこで目を増やしていきます。
端っこで目を増やすと、わらじのような形になっていきます。

編み物の本などを見ると「細編みの増やし目」と言う言葉を見ますが、これは「一つの編み目に対して、細編みを二個入れる」という意味です。こうすることにより、全体の編み目の数が増えていくのです。

今回はやらないんですが、減らすときには、「前の段の編み目二つに対して、細編みを一個しか編まない」という方法を使います。

ぐるぐる編む

底の部分ができたら、ひたすら細編みです。本体部分を編んでいくのですが、本体の一段目がどこか分かるように、段数リングをつけておきます。

ミニバッグ1

何も考えずに、細編みを続けましょう。立ち上がる必要はありません。立ち上がりの目をつけないで編むと、自然と袋状になるんです。

ミニバッグ2

ですから、細かいことは気にせずに、細編みを続けていきましょう。強いて言えば、目はきっちりときつめに編むほうがしっかりとした丈夫な作りになります。・・・・・・細編みをするだけなので、途中で飽きてくるところが難点でしょうか(笑)

作りたいものの大きさにもよりますが、今回は本体部分として10段編みました。10段編んだ段階で、こんな感じに、袋っぽくなりました。

ミニバッグ3

色を変えてみましょう

一色だけだとちょっと寂しいので、色を変えてみます。
糸を変えるときは、色を変える前の段の最後の目(11段目から色を変えるなら、10段目の最後の目)で、いったん毛糸を切って糸を引き抜きます。

そして、その目に次の糸を通して、一つくさり編みをします。後は、何事もなかったように(笑)また編み続けましょう。

色変え1

色変え2

今回は、ピンクを途中に入れてみました。ピンクで二段編み、また赤の糸に戻ります。赤の糸に変えたら、さらに細編みを続けます。赤で三段編みました。

色変え3

そこまで編んだら、今度は今まで編んできたのと逆方向に細編みを一段編みます。
本体部分は16段ということになりますが、作りたいサイズによって、もう少し本体部分の段数を増やしてもいいです。さぁ、これで本体部分の完成です。次はもち手です。完成までもう少し!

もち手を編みましょう

持ち手も、細編みです。鎖あみで作り目をします。今回は、くさりを50個編みました。
この鎖の周りを、細編み一周していきますが、端になる部分のみ、一つのくさりに細編みを5個編みます(持ち手の長さは、鎖あみの数の増減で調整できるので、お好みの長さにしてください)。
鎖り編みをするときに、糸はしは長めに残しておきましょう。

ぐるーっと一周したら、今度は逆周りに細編みで一周します。本体部分の最後も逆周りをしたんですが、逆周りにするときは、難しいことを考えず、裏返して編めばいいだけですよ♪

最後の段だけ、逆周りになるのですが、こうすると棒針編みで言うとことの「裏目」が表にくるようになります。こうすることによって、編み終わりの段の見た目がきれいになるんです。

もちろん、逆周りにせずにそのまま表目のままで終わってもよいです。編み終わりの糸も長めに残しておきましょう。さぁ、持ち手ができました!あとは本体とつなぎ合わせるだけです。

持ち手

持ち手をつけましょう

持ち手ができたので、本体とつなぎ合わせます。今回作ったものは、持ち手が一本なので、本体の口部分の両端に縫い付けていきます。持ち手をつくったときに、編み始めと編み終わりで毛糸を長めに残しておきましょう、と書きましたがその残り糸で本体に持ち手を縫いつけます。

仕上げ

針は、普通のお裁縫用の針ではなくて、毛糸用のとじばりで!

持ち手ができたら完成~♪♪

完成

これくらいのサイズだと、一日あればできます。あ、ひたすらこればっかりやって一日っていう意味ですけど、こればっかりやるわけにも行かないですよね。

底を作るときに、鎖で作り目をしましたが、最初のくさりの数を増やす、あるいは太めの毛糸で編むと、大きいサイズのバッグをつくることもできます♪

cms agent template0035/0036 ver1.005